Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ビューティーオープナーの口コミや効果の真実を暴露します!実際に使ってみたレビューも紹介。 美白・シミの効果について悪い口コミも包み隠さず掲載。卵隔膜コスメ選びで失敗しない為に是非参考になればと思います。

ビューティーオープナー口コミで「効果なし」・・?実際に1ヶ月試してみた体験談を公開!

ビューティーオープナー

ビューティーオープナーはニキビやニキビ跡に効くって本当??

投稿日:

卵殻膜エキスを、95%という高濃度で配合している美容液「ビューティーオープナー」がニキビ跡にも効くって知っていますか?

卵殻膜エキスがどうやらニキビ跡に効果があるんだそうですよ。

そもそも卵殻膜とは卵の殻の内側にあるおよそ0.07ミリの薄さの膜のことですが、いつも捨ててしまっているこの膜がどうしてニキビ跡に有効なのでしょうか?

 

MAKI
というわけで、今回はビューティーオープナーのニキビやニキビ跡に対する効果についてまとめてみました!

 

ニキビ跡ってどうしたら治るの?

まずは、ニキビ跡はどうすることで治るのかということについて説明したいと思います。

 

赤いニキビ跡とシミになったニキビ跡の治し方

ニキビが治っていく過程にでる赤みのことを ”炎症後紅斑” といいます。

そして、ニキビが出ていた部分に色素沈着が起きてしまい茶色くシミのようになって残ってしまうのは ”炎症後色素沈着” です。

ニキビというのは肌の炎症なので、刺激から肌を守ろうとメラニンを作り出してしまうんですね。

 

これらの赤いニキビ跡と茶色いニキビ跡についてですが、これらは、肌のターンオーバーが正常に行われていれば、いずれは徐々に排出されていきます。

ただ、生活習慣の乱れや年齢、肌の乾燥などが原因で、ターンオーバーが乱れていて正常に行われていなければ、いつまでもそのニキビ跡は残ってしまうことになります。

つまり、ターンオーバーをきちんと整えるということが、このニキビ跡を治すためには必要なことなんですね。

 

ビューティーオープナーのシスチンがターンオーバーを整えてくれる!

ビューティーオープナーに配合されている卵殻膜エキスには、18種類のアミノ酸が含まれていますが、このアミノ酸の中でも群を抜いて多く含まれているのがシスチンというアミノ酸なんです。

そして、このシスチンというのは、体の中に入るとL-システインというものに変わります。

 

L-システインなら聞いたことがある!という人も多いのではないでしょうか?

シミやそばかすに効く化粧品などに入っている成分として有名ですよね。

実は、このL-システインには、代謝を整え肌のターンオーバーを促進してくれるという働きがあるんです!

なので、ニキビ跡として残ってしまっているメラニンも体外に排出してくれます。

 

さらに、L-システインがすごいのは、ターンオーバーを整えるだけでなくメラニン色素を作りにくい状態にしてくれることなんです!

チロシナーゼというメラニンを作る酵素があるのですが、L-システインはこのチロシナーゼが活性化するのを抑えてくれる効果があります。

つまり、ニキビが出来ても、メラニンが過剰に作られるのを防いでくれるので、ニキビによる色素沈着を防いでくれるんですね。

 

ビューティーオープナーには他にもニキビに効く成分がたくさんある!

ビューティーオープナーに配合されている成分の中には、保湿成分がたくさんあります。

卵殻膜エキスに含まれる成分も考えると、コラーゲンやヒアルロン酸、プロテオグリカン、スクワランなど、保湿効果の高い成分が実に豊富に含まれていますよね。

肌の乾燥はターンオーバーを乱してしまう原因なので、これらたくさんの保湿成分で肌が潤えば、ターンオーバーが促進されシミとなってしまったニキビ跡の解消にも効果が期待できますよね!

 

他にも、カンゾウ根エキスやローズマリー油には抗炎症作用があるし、レモングラス油やニオイテンジクアオイ油には、殺菌作用があります。

ニキビというのはアクネ菌による炎症なので、殺菌作用や抗炎症作用がある成分で、ニキビそのものを防ぐ効果が期待できます。

 

クレーター状になったニキビ跡の治し方

ニキビ跡の中には、クレーター状に凹んでしまったものもありますよね。

これは、ニキビが進行して、毛穴の炎症が真皮にまで達してしまったことで、真皮の皮膚組織が壊されてしまった傷跡なんです。

何度も同じ毛穴にニキビが出来てしまったり、炎症が強かったりすると、真皮がダメージを受けてしまいクレーターのようなニキビ跡になってしまうんですね。

 

表皮の傷跡やシミというのは、ターンオーバーによりいつかは排出されますが、真皮というのはターンオーバーしないので、その場所の傷 (凹み) はいつまでも残ってしまうんです。

・・ということは一生このニキビ跡は治らないの?!!と、思ってしまいますが、実はビューティーオープナーでこのクレーター状のニキビ跡が改善する可能性があるんです!

 

ビューティーオープナーはクレーター状のニキビ跡に効果が期待できます!

まず、ビューティーオープナーの話の前に、クリニックなどでクレーター状のニキビ跡を治す場合どのような治療法があるのかという話をしますね。

<FGF治療>

美容医療の中にFGF治療というものがありますが、これは、クレーター状のニキビ痕の治療や、肌にハリを与えるための治療法です。

気になる場所にFGF(繊維芽細胞増殖因子)というものを注入することで、真皮に存在する繊維芽細胞を増やし、くぼみやシワを治療する方法なのですが、ここで注目してほしいのが、繊維芽細胞です。

この繊維芽細胞というのは、けがをした場合などに、傷がついた組織にすぐに移動し、たくさんのコラーゲンを作って傷を修復させてくれる細胞なんです。

 

卵殻膜は繊維芽細胞を活性化してくれる!

実はFGFでなくても、繊維芽細胞を活性化出来るものがあります。

それが卵殻膜なんです!

 

卵殻膜は、繊維芽細胞にダイレクトに働きかけて刺激を与え、コラーゲンを作らせることが出来ます。

クレーター状のニキビ跡は真皮の傷跡なので、傷の修復のために働いてくれる繊維芽細胞を活性化することで、そのニキビ跡は改善される可能性があるというわけなんですね!

 

卵殻膜が繊維芽細胞を刺激することで作り出すコラーゲンですが、中でも、Ⅲ型コラーゲンの生産量に関しては、普通の状態の3.5倍に増えたという研究結果があります。

 

Ⅲ型コラーゲンとは?

コラーゲンには実はたくさんの種類があるのですが、その中でも、このⅢ型コラーゲンは、修復作用が高く、肌の潤いや弾力に強く影響するため、最も優れたコラーゲンだと言われています。

大人に比べて赤ちゃんの肌が、つきたてのおもちのようにプルプルしっとりとしていて弾力があるのは、このⅢ型コラーゲンが豊富だからなんですよ!

歳と共にこのⅢ型コラーゲンは減っていく一方なので、どんどん潤いやハリは失われていくんです・・。

 

しかし、卵殻膜エキスを高濃度で配合したビューティーオープナーをつけることで、繊維芽細胞が活性化されてこのⅢ型コラーゲンは増えてくれます

肌の弾力や潤いももちろんですが、修復作用も高いⅢ型コラーゲンなので、クレーター状のニキビ跡が改善されることが大いに期待できそうです!

 

まとめ

ビューティーオープナーは、抗炎症作用や殺菌作用のある成分でニキビ予防もでき、卵殻膜エキスや保湿成分により、出来てしまったニキビ跡にも効果が期待できる美容液だということが分かりましたね!

ニキビ跡に悩んでいるという人は是非一度ビューティーオープナーを試してみてください。



ビューティーオープナーを試してみる?

ビューティーオープナー公式サイトはコチラ!


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
MAKI

MAKI

仕事と子育てに毎日追われている40代のMAKIと言います。 週に2回程ジムに通い運動をするのが最近の息抜きです^^ お肌のスキンケアやコスメを色々試すのが大好きなのですが、 最近気になっているのが、お肌が疲れ気味なのと毛穴が汚いと言うこと。。。 そこで今回「ビューティーオープナー」を使う機会があったので、実際に使ってみた感想をレビューしてみたいと思います。

-ビューティーオープナー

Copyright© ビューティーオープナー口コミで「効果なし」・・?実際に1ヶ月試してみた体験談を公開! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.