コンディションが悪い時

現実にノートPCのディスプレイの前で、絶えず上がったり下がったりしている為替相場を見ると、何やら取引をしなくてはいけないという思いが生まれる場面も少なくありません。

だがしかし、なんとなく勘で売り買いをすることだけは決してしてはいけません。

 

分かっていると思いますが、外国為替市場は24時間、常時いずれかの国の為替相場が関いているし為替レートも常に、変化しています。

 

しかし、だからといって頻繁に取引をしているとその回数分だけ損失を被る可能性が高まってしまう。

 

無論、売買の数を積む事で結果的に勝つ確率か五分五分になります。

 

けれどもこの事は「明確でない勘でトレード」することとは話が違います。

売り買いの回数を積むというのは「ここがチャンス」と感じたチャンスを得られた状態での売買回数を積むという事です。

 

ただ何となく、注文を積むのとは明確に異なります。

マーケットの戦いに負けないためには深く考えてメリハリをつけることが重要です。

 

「ここはいける」と思った為替相場の時には、迷うことなく所持ポジションを積み増して、徹底的に利益を追求します。

 

「だいぶ分かりにくいマーケットで、どう動くのか考え付かないな」と感じた時は、執着しないで保持ポジションをひとつ残らず見切りをつけて放置します。

 

これくらいのメリハリをつける方が、結果的には注文は勝てます。

為替相場の金言には「休むも相場」というものがある。

本当にその通りです。

 

取引とはいつでも売買ポジションを所有する事がすべてではなくどのポジションも持たずにじっとしていることも場面によっては、相場です。

 

では、どういう場面で、休む必要があるのでしょうか。

最初に言われるのが先に述べたように、最近の外国為替市場がはっきりと良く見えない時です。

 

ここからドル高になるのか、ドル安になるのかが決断できない時は分からないまま行動すると、自分で思った脚本とは反対の方向にマーケットが動いてしまい損失を被ることになる。

 

そんな場合はポジションを整理して、そのまま何もぜずに見ているだけが唯一出来る事です。

第2に、体の具合がすぐれない時です。

体の調子と外国為替市場に影響ないと考える方もいるだろうが。

意外と関係あります。

コンディションが悪い時は、外国為替相場の重要な場面で正確な決定をする事ができません。

 

関心がわかない時は取引から遠ざかる事も大切な事です。