気になるのがわきがを誤魔化すための香水の匂い

香水よりもミョウバン水。
気温が暖かくなると気になってくるのがわきがのお悩みなんですが、私の周りにも幾人かわきがの方がいるわけですが、ちょっと気になるのがわきがそのものよりも、わきがを誤魔化すための香水の匂い。
あれはなかなか厳しいものですね。
もともと香水というのはわきがを誤魔化すためにフランスで生まれたものなんだそうですが、わきがの匂いに香水の濃い香りが相まって、真夏にはなかなかの相乗効果を周りにもたらしてしまうわけですよ。
そこで、香水でもなく、消臭効果があって制汗効果もある、でも周囲に香害を与えない、雑菌効果のあるものがあるの、ご存知ですか?スーパーの食品売り場なんかでも見かける、ミョウバンです。
このミョウバン、殺菌・消臭効果がありまして、手作りで安く簡単に、しかも匂いもきつくないスプレーを自作できるんですね。
ミョウバンは焼きミョウバンと生ミョウバンの2種類があり、スプレーにはどちらでも使えるのでお好きなほうをどうぞ。
40度程度のお湯150mlに対し、ミョウバンを10g混ぜ合わせてスプレーボトルに入れるだけ。
水でも構いませんが、溶けやすいのでお湯のほうが手早く仕上がります。
あとは冷蔵庫で保存、およそ10日を目処に使い切ってください。
ミョウバン自体、とても安価なものですので、その都度作りなおしたほうが安心ですよね。
香水よりもミョウバン水でわきが対策。
安くて簡単、ぜひ手作りしてみてください。

ワキガ対策クリームガイド デオナチュレ 効果 口コミ